HOME>注目記事>求めることと求められることは異なっている
看護師

施設選びが大事

ケアマネ求人情報は数多くあるので、選び方に迷いがちですが、基準にすべきは施設選びになります。特別養護老人ホーム・介護老人保健施設などで働く場合、仕事内容としては施設入居者のケアプランを作成するという内容です。施設によっては利用者と接点の少ない業務を行うこともあります。このことから理解できるように、施設のタイムテーブルに準じるか、利用者の都合に合わせたフットワークの軽さで施設選びをするかを決めることができます。もちろん、居宅介護支援事業所などの居宅ケアマネ求人は、介護サービスを必要とする方の相談からケアプランの作成を仕事にしますから、仕事の軸どちらも同じです。

募集情報が豊富

基本的にケアマネは、直接的な介護支援サービスを行うことのない業務を担うので、身体的な負担は軽いといいます。ある程度年配の方でも従事しやすく、ケアマネ求人では責任者の立場にキャリアアップできる内容に注目が集まるほどです。豆知識として、求人情報は毎年9月頃から増加傾向にある話しです。資格取得のためには、5年以上の実務経験が必要になり、合格発表も11月からなので、転職活動をスタートさせる求職者が増えることを考慮すれば、求人が増える秋口に照準を合わせるべきです。

頑張りが認められる

介護職の中でもケアマネは社会的需要が高いため、できるならば、介護支援専門員実務研修受講試験に合格してから就職するのが望ましいでしょう。合格率は決して高くはありませんが、その分、任される業務に幅が出ます。やりがいを感じる職とするなら、将来性のある仕事に就くべきですが、就いてから給料が上がる可能性も考える必要もあるでしょう。知っておきたい求人情報としては、歩合や手当について確認するという点です。せっかく難関をくぐっても、その頑張りは当たり前であり、反映されないケースもあります。特定事業所加算が付いている施設を選ぶのも良いでしょう。

広告募集中